老後の生活費・老後資金の積立・資産形成・運用方法、年金・退職金の運用相談なら、老後資金・年金相談.com

老後の生活費・老後資金の積立・資産形成・運用方法、年金・退職金の運用相談なら、老後資金・年金相談.com
ファイナンシャルサロン
お問い合わせサイトマップ
老後の生活費・老後資金の積立・資産形成・運用方法、年金・退職金の運用相談なら、老後資金・年金相談.com

新着トピックス


老後の生活費ってどれくらいかかるの?

 老後の最低日常生活費と、ゆとりある生活費は、どれくらいなのか。その調査結果が、下の表になります。現在の世帯収入が400万円くらいですと、老後の最低日常生活費は夫婦ふたりで「月額22.5万円」、ゆとりある老後のために必要と思われる日常生活費は「月額36.5万円」になります。現在の生活費と比べて、いかがでしょうか?

老後の最低日常生活費とゆとりある生活費
項目 必要最低限の
日常生活費
ゆとりある生活費
全体平均 23.2万円 38.3万円






300万円未満 21.0万円 35.3万円
300〜500万円未満 22.5万円 36.5万円
500〜700万円未満 23.6万円 38.3万円
700万円
〜1,000万円未満
24.6万円 39.2万円
1,000万円以上 26.6万円 44.5万円

※出典:生命保険文化センター平成19年度「生活保障に関する調査」

平均寿命


 たとえば夫婦ともに60歳の場合の最低限の老後生活費を計算してみましょう。60歳時の男性の平均余命は「22.41年」、女性の平均余命は「27.92年」となります。これらの平均余命をふまえると、60歳のご夫婦の場合、男性は「82歳」、女性は「87歳」まで生活費が必要となります。
 82歳までの生活費は「23.6万円×12カ月×22年=約6,230万円」。女性ひとりになった後の生活費を70%と仮定すると「23.6万円×70%×12カ月×5年=約991万円」。合計すると「約7,221万円」が最低限必要な老後生活費になります。

 上記の金額は、最低限の老後生活費になります。あなたのご家庭の場合はいくらになりましたでしょうか?金額で何万円と出てもピンと来ないかもしれませんので、次のページで、老後資金についてイメージを持っていただきましょう。


次のページへ >>


 老後資金・年金相談.comでは、必ず老後生活資金を用意するための、貯め方のアドバイスを紹介していきます。また、各ご家庭に合った「老後資金相談、年金・退職金運用相談」の無料アドバイスサービスを行っております。ぜひご活用ください。

【無料】老後資金相談、年金・退職金運用相談サービスのお申し込み




ページTOPへ

【保険募集代理店】株式会社ファイナンシャルサロン
本社:名古屋市中村区竹橋町1-13 Tel:052-453-0025
東京 銀座 大阪 福岡 沖縄